お知らせ一覧

NEWS

豊浦病院には認知症サポーターがいます

豊浦病院 3階病棟の介護士の本間友美子です。

この場をお借りし、ご報告をさせてください。

 

2019年度第2回認知症介護指導者養成研修を8月から受講し、10月に修了してきました。

9週間の東京での研修と4週間の職場研修となり、事務長や看護部長、病棟のスタッフ、家族に支えてもらい、

認知症介護について指導が行えるよう多くの事を学んできました。

 

また、豊浦病院では、今年度より認知症ケア委員会が発足し、認知症看護認定看護師をはじめとする専門職がそろい、

認知症ケアに力を入れています。

9月には、委員会のメンバーと認知症サポーター養成講座を受講し、新発田市の高齢福祉課の方々と

地域での取り組みや認知症の人の家族支援などについて話し合うことができました。

 

これから進む高齢化に伴い、認知症の患者は増えていきます。

認知症の人ができる限り、住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう、たくさんの人に認知症について理解していただけたらと思っています。

 

私たち対人援助者は、人が人を思いやる気持ちを忘れず、患者様が病院でも笑顔で楽しく過ごしていくにはどうしたら良いか考え、

全力でサポートしていきたいと思います。

 

何か認知症についてお困りのことがあれば、是非いつでもお声かけください。