本文へスキップ

新潟骨の科学研究所・骨関連学会発表一覧

ようこそ、新潟骨の科学研究所のホームページへ

お問い合せinquiry

新潟骨の科学研究所 骨関連学会発表一覧


[2016年]
  第36回 日本骨形態計測学会(学会長:山本智章)
   (2016年6月23日~25日 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター)
   ハンズオンセミナー「骨形態計測ベーシックコース」
     講師参加:島倉剛俊
   特別共催企画 “骨形態計測秘話ヒストリー”
    「骨形態計測法を用いたhPTH(1-34)研究の発展と経緯
     -History of reseaches on hPTH(1-34) using bone
                     histomorphometory-」
    ○高橋榮明
   会長講演
    「骨形態計測ルネッサンス –Bone histomorphometory renaissance-」
    ○山本智章
   指定演題 “ヒト骨組織形態計測”
    「長期薬物治療後に起こった非定型大腿骨骨折患者腸骨の
          基本細胞単位(BMU)におけるキャノピーの形態と意義
    -Morphology and significance of a canopy in BMU with resorption,
     revasal and formation phases of bone remodeling in atypical
     femoral fracture after treatment of alendronate and eldecalsitol
     for osteoporosis-」
    ○高橋榮明、山本智章、島倉剛俊、佐野博繁 1)、田中伸哉 2)
     Jean-Marie Delaisse 3)、遠藤直人 1)
                           
1)新潟大学大学院医歯学総合研究科整形外科分野
                           2)埼玉医科大学 整形外科
                           3)University of Southern Denmark

   一般演題
     共同研究あり

[2015年]
  第17回日本骨粗鬆症学会 (2015年9月17日~19日 広島国際会議場)
   Joint Sessin 2 “Implementation of Fracture Liaison Services(FLS)”
   「Fracture Liaison Services in
      Rehabilitetion Hospital for Patients after First Hip Fracture」
    ○山本智章

  第35回 日本骨形態計測学会 (2015年6月4日~6日 倉敷市芸文館)
   教育セミナー
    「骨形態計測の限界とピットフォール」
    ○山本智章、高橋榮明、島倉剛俊
   シンポジウム2 “骨粗鬆症治療による骨の形態と質の変化”
    「骨形態計測データから考える骨組織の変化」
    ○山本智章、高橋榮明、島倉剛俊
   一般演題
    共同研究あり

  第88回 日本薬理学会年会(2015年3月18日~20日 名古屋国際会議場)
   ◎「新潟薬科大学薬学部 臨床薬物治療学研究室」様との共同研究
    「Effects of Angiotensin Ⅱ type 1 receptor blockers on bone
                     metabolism in ovariectomized rat.
     -アンギオテンシンⅡタイプ1受容体拮抗薬による卵巣摘出ラットの骨代謝に
     及ぼす影響-」

[2014年]
  第34回 日本骨形態計測学会 (2014年6月12日~14日 さっぽろ芸文館)
   イブニングセミナー3
    「骨リモデリングから考える骨粗鬆治療のあり方」
    ○山本智章
   一般演題
    共同研究あり

[2013年]
  第33回 日本骨形態計測学会
   (2013年7月4日~6日 アクトシティ浜松コングレスセンター)
   一般口演「臨床1」
   「テリパラチド投与による骨組織の変化 -腸骨生検での観察-」
    ○山本智章、島倉剛俊、高橋榮明、普久原朝海※)、遠藤直人※)
                           ※)新潟大学大学院医歯学総合研究科整形外科分野

   一般演題
    共同研究あり

  第86回 日本薬理学会年会(2013年3月21日~23日 福岡国際会議場)
   ◎「新潟薬科大学薬学部 臨床薬物治療学研究室」様との共同研究
    「Effects of reduced form-coenzyme Q10 treatment on bone
     metabolism in rat
         還元型コエンザイムQ10によるラット骨代謝に及ぼす影響」

[2012年]
  第14回日本骨粗鬆症学会
   (2012年9月27日~9月29日 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター)
   特別講演5
   「多職種連携による脆弱性骨折の予防・治療と生活支援
    -英国における大腿骨近位部骨折の二次骨折予防の現状と
        わが国における二次予防のための卒前・卒後連携教育の現状‐」
    ○高橋榮明
   教育研修講演2“骨形態計測:組織から読み取る”
    「骨形態計測:組織から読み取る骨動態」
    ○山本智章、島倉剛俊、高橋榮明
   シンポジウム9 “非定型骨折の病態とその反応”
     「非定型大腿骨骨折の骨組織」
    ○山本智章、島倉剛俊、高橋榮明
   一般演題     共同研究あり

  第32回 日本骨形態計測学会(2012年6月7日~9日 大阪国際会議場)
   シンポジウム「PTHと骨組織」
    ○山本智章、島倉剛俊、高橋榮明
   教育セミナー「骨生検の基礎知識」
    ○山本智章、島倉剛俊、高橋榮明
   イブニングセミナー2「骨粗鬆症性骨折の現状と骨形成促進剤を用いた治療」
    ○山本智章
     一般演題 共同研究あり

[2011年]
  第13回日本骨粗鬆症学会(2011年11月3日~11月5日 神戸国際会議場)
    シンポジウム4 “運動器不安定症と骨粗鬆症の接点”
   「骨粗鬆症患者の運動機能低下と対策」
    ○山本智章 一般演題 共同研究あり

  第29回 日本骨代謝学会(2011年7月28日~30日 大阪国際会議場)
    カレントコンセプト6
    「Minimodelingから見た骨脆弱性」
    ○山本智章、高橋榮明、島倉剛俊

  第31回 日本骨形態計測学会(2011年5月20日~22日 長良川国際会議場)
    ワークショップ
   ・レクチャーセミナー「骨形態計測の実際と応用」
    「骨形態計測法のoverview」
    ○山本智章
   ・ハンズオンセミナー 「標本計測」
    ○島倉剛俊
    シンポジウム1「骨代謝疾患治療薬が顎骨に与える影響について
            ~BRONJの病態の解明とより良い治療を目指して~」
    「Bisphosphonate投与による骨代謝過剰抑制への対応」
    ○山本智章、高橋榮明、島倉剛俊

[2010年]
 第30回 日本骨形態計測学会
    (2010年5月13日~15日 米子コンベンションセンター BIG SHIP)
  一般口演「薬剤効果」
  「腸骨生検にてseverely suppressed bone turnover(SSBT)が疑われた両側腸骨   骨折の1症例」
    ○山本智章、高橋榮明、島倉剛俊、遠藤直人※)
  一般口演「機械的刺激と骨」
  「家兎橈骨骨端成長軟骨板に対する低出力超音波照射の影響」
    ○山本智章、高橋榮明、島倉剛俊、遠藤直人 ※)
                           ※)新潟大学大学院医歯学総合研究科整形外科分野

[2009年]
 第27回 日本骨代謝学会(2009年7月23日~25日 大阪国際会議場)
  ポスター「代謝性骨疾患(病態・治療)」
  「閉経後女性におけるマイタケビタミンD2サプリメントの摂取と血中25(OH)Dレベルの変化」
     ○山本智章、高橋榮明、遠藤直人※)
               ※)新潟大学大学院医歯学総合研究科整形外科分野

 第29回 日本骨形態計測学会(2009年5月28日~30日 大阪国際会議場)
  一般口演「骨代謝(基礎)」
  「骨組織形態計測法におけるマウスの骨格の特徴と骨粗鬆症モデルとしての意義」    ○山本智章、高橋榮明、島倉剛俊

[2008年]
 第10回日本骨粗鬆症学会(2008年10月31日~11月2日 大阪国際会議場)
  ◎学会賞
    高橋 榮明 (新潟骨の科学研究所顧問、新潟大学名誉教授)
  一般演題「予防(その他)」
   「閉経後女性の骨密度および身体機能に対するビタミンD2サプリメントの効果」
    ○山本智章

 International Conference on Osteoporosis and Bone Research 2008
                 (2008年10月23日~25日 中国・北京)
   Workshop [Meet Professor]
   「mouse as a preclinical model of osteoporosis」
     ○高橋榮明
   ポスター
   「Effects of a vitamin D2 supplement on physical function in;
    postmenopausal women a prospective randomized controlled study」
     ○山本智章

 2008 Beijing ICHTS-CSBME-2nd APBM Workshop on Bone
                  Histomorphometry and Imaging
                 (2008年10月21日~22日 中国・北京)
   講演
     ○高橋榮明

新潟骨の科学研究所新潟骨の科学研究所

〒950-3304
新潟県新潟市北区木崎761
TEL 025-388-2125
FAX 025-388-3010