to

ニュース

アーカイブ
2013/07/26キッズルームとようら
院内託児所”キッズルームとようら”で避難訓練を実施しました。    
 
キッズルームとようらでは、託児所単独での避難訓練を毎月1回行っています。7月は、地震想定で実施しました。経験を積んでいる2歳児が良い手本となり、小さい子供たちも職員の誘導に従って、スムーズに避難することができました。日ごろから、”もしも”のときに備えて、安全管理の意識を持って保育にあたりたいと思います。また、訓練を実施するたびに、東日本大震災で被災された多くの方々が、平穏な生活に戻られることを願わずにはいられませんでした。

         キッズルームとようら/保育士 高橋
 


2013/07/25新潟リハビリテーション病院
新潟リハビリテーション病院・山本院長の著書が出版されました。    
 
このたび、新潟リハビリテーション病院・山本智章院長による著書『「野球ひじ」を治す・防ぐ・鍛える~専門医が教えるセルフケア&トレーニング~』が出版されました。
本書では、「野球ひじ」を見分けるセルフチェック法やケガをしにくい体をつくるエクササイズなどを、イラストで詳しくご紹介しております。
野球少年をはじめ、指導者や保護者、医療従事者の皆さまへもお勧めの一冊です。

⇒著書の詳細はこちら(マキノ出版ホームページ
 
2013/07/18愛広苑壱番館
愛広苑壱番館にて運営懇談会が開催されました。    
 
平成25年6月30日(日)に、今年度の運営懇談会を開催しました。日曜日にも関わらず、当日は入居者様のほか、30名にもおよぶ大変多くのご家族様にご参加いただきました。
懇談会では、前年度の施設運営状況のほか、今年度の活動予定等を報告させていただきました。その後の意見交換では、ご家族様の想いや要望などをお聞きすることができ、大変有意義な会となりました。
皆さまから頂戴したご意見は、今後の更なる施設運営の向上に役立ててまいります。

               愛広苑壱番館/施設長 西山
 

運営懇談会の様子
2013/07/09訪問リハビリテーション新井愛広苑
訪問リハビリテーション新井愛広苑にて『訪問リハビリテーションに関する意見交換会』を開催しました。    
 
6月14日(金)に、新井愛広苑にて『リハビリを考えよう~訪問リハビリテーションに関する意見交換会~』を開催しました。当日は、介護支援専門員の方を中心に、保健師や相談員など、さまざまな職種で、13事業所28名の方々にご参加いただきました。多くの方にお忙しい中ご参加いただきまして、ありがとうございました。
参加者の方には「スタッフの顔と名前が分かってよかった」、「症例紹介があったので訪問リハビリのイメージができた」など、多くのご意見・ご感想をいただきました。今回いただいたご意見を踏まえて、地域の皆さまにより良いリハビリテーションを提供できるように、今以上に連携を大切にしていきたいと考えております。

           訪問リハビリテーション新井愛広苑
                      ST大塚、OT松下

                《 関連ニュースはこちら 》
                 ⇒ 2013.05.22 掲載記事
                 ⇒ 2012.07.03 掲載記事
 

訪問リハビリテーションに関する意見交換会の様子
2013/07/08新潟リハビリテーション病院
《続報》『新潟県における医師不足を考えるシンポジウム2013』の詳報が新潟日報に掲載されました。    
 
2013年7月8日付の新潟日報(日刊)・7面に、先日開かれました『新潟県における医師不足を考えるシンポジウム』の詳報が掲載されました。
本シンポジウムの座長であり、新潟リハビリテーション病院の顧問である髙橋榮明先生の総括のほか、各パネリストの方々の発言や、会場で行われたアンケート結果などが紹介されています。ぜひご覧ください。

                《 関連ニュースはこちら 》
                 ⇒ 2013.07.01 掲載記事
                 ⇒ 2013.06.11 掲載記事
                 ⇒ 2013.05.28 掲載記事
 

座長を務めた新潟リハビリテーション
病院・顧問の髙橋榮明先生

2013/07/04相川愛広苑
相川愛広苑が2回目の国内クレジットの認証を取得しました。    
 
医療法人 愛広会は、政府が実施する国内クレジット制度を活用したCO2排出削減事業に取り組んでいます。
昨年に引き続き、相川愛広苑で2回目の国内クレジットの認証を取得しました。今回認証されたCO2削減量は130トン。前回と同じ、冷温水ポンプへのインバータ制御機器の導入によるCO2排出量の削減です。
当法人は、今後もさらにさまざまな形で省エネ事業に取り組んでまいります。

 《 昨年の国内クレジット認証のニュースはこちら 》
  ⇒ 2012.09.14 掲載記事
 

2回目の国内クレジットの認証を取得した
相川愛広苑

2013/07/02豊浦病院
豊浦病院にて火災避難訓練を実施しました。    
 
6月27日に、豊浦病院にて『火災避難訓練』を行いました。今回の訓練では、初めての試みとして『気管切開、酸素等を必要とする”ハイリスク”の患者様の避難誘導を学ぶ』というテーマで実施しました。2階病棟は、60床中、経管栄養実施中:48名、気管切開:13名、そのほか酸素、中心静脈栄養、特定疾患等の患者様を含め、重症度の高い病棟となっております。
訓練の内容として、
 ①『火元』から遠ざける
 ②医師、看護師、介護士の役割を明確化し
  連携する。
 ③ベッド、ストレッチャー、酸素ボンベ、吸引器、
  救急カートなどの物品の準備等の確認
 ④医師からの避難後の状態確認

以上の手順を総合的に実施することで、良い訓練になりました。
                 豊浦病院/看護師 新村
 

出火元の病室での初期消火活動の様子



避難場所に避難した模擬患者や医師ら



医師および看護師による状態確認の様子
2013/07/01新潟リハビリテーション病院
『新潟県における医師不足を考えるシンポジウム2013』開催の様子が新潟日報に掲載されました。    
 
6月29日(土)に、新潟大学医学部有壬記念館で『新潟県における医師不足を考えるシンポジウム2013』が開催されました。
このシンポジウムには、医療関係者等70人もの方々が参加され、新潟県における医師不足をどう解消するかなどの意見交換が行われました。
開催の様子は、6月30日付け新潟日報(日刊)28面に掲載されています。
なお、新潟日報にて、7月8日付の特集記事で詳報されます。ぜひご覧ください。

                《 関連ニュースはこちら 》
                 ⇒ 2013.06.11 掲載記事
                 ⇒ 2013.05.28 掲載記事
 

シンポジウムの様子


医師不足を考える会ホームページ
こちらからご覧いただけます。

前月   翌月