豊浦病院・愛広苑で2年振りとなる「炊き出し訓練」を行いました

2016-07-14

先日、豊浦病院・豊浦愛広苑で避難訓練を行い、その流れで「炊き出し訓練」を行いました。

2年振りという事もあり、多くの職員が集まりました。

手順の説明を行い、保管場所から200食分のお粥の缶詰・魚の缶詰・ペットボトルの水を
運びだし、実際に盛り付け、参加者全員で試食をしました。

20160714_01 20160714_03

「お粥に塩があると食べやすい」
「この使い捨て食器はもう少し小ぶりな方が良い」
「災害時はごみの問題も考慮すべき」
「倉庫前に荷物は置かない方が良い」等、参加者から様々な意見が聞かれました。

20160714_02

以前、災害を経験した管理栄養士から、
避難場所は狭く、全体がパニック状態になり、食事提供が想像以上に混乱すると
聞いたことがあります。

災害時に備え、スムーズに食事提供ができるよう、
今後も「炊き出し訓練」を定期的に行っていきたいと思います。

豊浦病院 / 管理栄養士 蓮田 美江