尾山愛広苑にて内装改修工事が終了しました

2015-12-08

尾山愛広苑は、平成8年に開設してから19年が経過し、建物内の至る所で汚れや剥がれが目立つようになってきていました。

昨年に外からの雨風を防ぐために建物の外装を改修し、今年度は建物内の共有部分の床・壁・天井を一層する工事を行いました。

床は、カーペットタイルからクッション性のあるレイフラットタイルに変更し、壁は温かみのあるアイボリー色のクロスに貼り替え、天井はシミ等が目立っていたため全面塗り直しを行いました。

完成後は、入所者様や職員から「きれいになって良かった」、「気持ちも明るくなる」等、大変良い評判をいただいております。

これからも、入所者様の毎日の生活がより快適に過ごせるよう、またご家族の皆さまが来苑した際も心地よい雰囲気の中面会していただけるように環境整備を進め、施設の美化に努めていきたいと考えています。

               尾山愛広苑/事務課長 渡部

oyama